三島クリニック 三島クリニック
Home サイトマップ お問い合せ リンク
お肌の悩み
ムダ毛(脱毛)
シミ・そばかす
ホクロ・イボ・皮膚腫瘍
小じわ・たるみ
毛穴のトラブル
ニキビ
AGA 男性型脱毛症
その他
爪・外傷・やけど
施術メニュー
AuroraPro-DS
AuroraPro-SR/SRA
spectra/ スペクトラ
MOSAIC
Pelleve/ペレヴェ
CO2レーザー
イオン導入
ピーリング
ロボスキンアナライザー
脂肪溶解注射
サプリメント注射
クリニック案内
担当医紹介
料金のご案内
spectra

 Home > スペクトラとは?スペクトラを使った治療について料金表症例

スペクトラとは?

ペレヴェ
スペクトラとは、肝斑を含む各種のシミ(色素性疾患)、肌質改善や肌の若返り治療を行う最新鋭のQスイッチレーザーです。

スペクトラはQスイッチレーザーとして532nm(KTPレーザー)、1064nm(Nd:YAGレーザー)の2種類のショートパルスだけではなく、ロングパルスのレーザー機能も搭載しており、今までレーザーでは禁忌とされていた肝斑の治療を含めたシミ治療から、ダウンタイムのないお肌の若返り治療まで、幅広い患者様のニーズに応じた治療を行うことが出来ます。


スペクトラを使った治療について

1.532nm(KTPレーザー) ・1064nm(Nd:YAGレーザー):Qスイッチモード(5nsec)で、表在性色素疾患(老人性色素斑、雀卵斑(そばかす)など)・深在性色素疾患の治療を行います。

これらのシミに対するQスイッチレーザーの照射では、軽くゴムをパチンとはじく程度の痛みがあります。麻酔をするほどの痛みではありませんが、範囲の広い場合や深在性の色素斑の場合はやや痛みが強くなりますので、御希望により麻酔クリームなどの前処置が可能ですが、表在性色素疾患の場合はあまり痛くないので麻酔は不要です。

照射した直後にホワイトニングといって白い色調変化が起こり、その後、かさぶたができ、1(〜2)週間程度でかさぶたがはがれてきれいな皮膚になります。その間は、目立たない肌色の被覆材のシールを貼るなどの処置をしていただきます。
表在性の色素斑の場合はほぼ1回の照射でシミが取れます。深在性の場合は数回の治療が必要で、さらに3〜6ヵ月毎の長期的な治療を要する場合もあります。

老人性色素斑は、皮膚の老化によってできるシミで、数mm〜1,2cm前後ぐらいの境界が明瞭な茶色のシミです。紫外線が原因になることが多く、年齢とともに増えていき、早い人では30代頃からでき始め、50代になると8割ぐらいの方に老人性色素斑の症状が出てきます。紫外線が当たりやすい顔や腕、手の甲、肩などによく見られます。

雀卵斑(そばかす)は顔の目の下あたりの頬や鼻のあたりに数mm以下の点状の茶色のシミが多発するもので、遺伝的な要因が考えられていますが、紫外線により悪化することが多いものです。

術前術後の経過写真を見る

>>治療費はこちら

2.ルートロトーニング: Qスイッチモードのレーザートーニングで肝斑(Melasma)、PIH(炎症後色素沈着)の治療を行います。

スペクトラでの肝斑治療の有効率(70〜%)が高いのは、同じトップハット型の照射でも、照射部位への出力が均一で他社のQスイッチレーザーに比べてパルス幅が短く、高いピークパワーなので確実にメラニンを破壊しつつ、周辺組織への熱ダメージを最小限に抑えながら治療できるからです。

スペクトラスペクトラ

肝斑の原因はいろいろ考えられていますが、メラノサイトというメラニンを産生する細胞が活性化されてメラニンを多量に作っている状態にあります。

従来、肝斑に対して強いレーザーやフォトフェイシャルによる治療が禁忌とされてきたのは、強い光線や熱刺激により炎症が増悪すると、メラノサイトが刺激されて破壊したメラニン以上にメラニンが産生されてしまい炎症後の色素沈着がひどくなるからです。

スペクトラは世界で最も短い5nsecというパルス幅とムラのないビームプロファイルによりメラニンを産生するメラノサイトへの刺激を最小限に抑えつつ、肝班の原因の表皮内のメラニンのみを徐々に破壊して色素沈着を薄くして肌を白くしていきます。

ルートロトーニングでは同様の機序で炎症後色素沈着を改善させることができます。熱症、外傷、電気メスやCO2レーザー、Qスイッチレーザーの治療後などに赤茶色〜濃い茶色の色素沈着が残ることがあり、原則的には自然治癒することが多いのですが、顔で半年〜1年程度、体幹上肢で1〜2年、下肢では3〜4年以上、色素沈着が残ることがあります。

従来のQスイッチレーザーでは治療後に炎症後色素沈着がかなりの確率で生じるため、これを容認でき、シミを確実に取りたい方だけに照射が行われていましたが、スペクトラでは同じQスイッチのYAGレーザーでありながら高機能に進化したため、レーザー治療後必発といわれた炎症後色素沈着の頻度も減少しつつ、ルートロトーニングという方法で炎症後色素沈着の色を薄くすることができるようになったのです。

ルートロトーニングは、基本的に無麻酔で数分〜10分前後の治療を行います。1〜2週間に一度(5〜)10回程度の照射を行うと効果的です。照射直後は若干の赤みが出ますが1日前後で治ります。ダウンタイムもほとんどないため治療当日からメイクが可能です。

肝斑はレバーのような色で、両頬に左右対称に見られるシミ。
PIH(炎症後色素沈着)は擦過傷・熱傷などの皮膚損傷や炎症後に残る赤〜茶色のシミ。

術前術後の経過写真を見る

>>治療費はこちら

3.スペクトラピール:レーザー熱を深層へ伝えるロングパルスモードでニキビ治療、毛穴・小じわ・赤ら顔の改善、タイトニングを行います。

この治療ではロングパルスで皮膚の深いところまでレーザーが到達し、熱エネルギーを周囲に拡散するため、フォトフェイシャルに比べてより効果的な治療が行えます。

スペクトラピールも無麻酔で、全顔で15分程度の治療を行います。痛みはほとんどありません。2〜3週間に一度(5〜)10回程度の照射を行うと効果的です。ダウンタイムもなく治療当日からメイクが可能です。

術前術後の経過写真を見る

>>治療費はこちら

4.ルートロピール:Qスイッチモードによるお肌のキメ・ハリ・色むら・くすみ・美白などの肌質改善を行います。

この治療は、ルートロトーニングの周波数を大きくしたもので、回を重ねる毎にフォトフェイシャルで反応しなかったような薄いシミなどの色素沈着も改善していきます。

ルートロピールも基本的に無麻酔で、全顔で15分程度の治療を行います。2〜3週間に一度(5〜)10回程度の照射を行うと効果的です。照射直後は若干の赤みが出ますが1日前後で治ります。ダウンタイムもほとんどないため治療当日からメイクが可能です。

>>治療費はこちら

5.デュアルコンビネーションピール:下図のように3.と4.の治療を同日に行うことによって、より効果的な治療を行うことができます。

術前術後を見る

>>治療費はこちら


シミ・そばかす   毛穴の開大・黒ずみ   ニキビ
         
小じわ・たるみ        

料金表を見る
ムダ毛シミ・そばかすホクロ・イボ・皮膚腫瘍小じわ・たるみ毛穴の開大・黒ずみニキビAGA(男性型脱毛症)爪・外傷・熱傷ロボスキンアナライザーAuroraPro-DSAuroraPro-SR/SRASPECTRAMOSAICPelleveCO2レーザーイオン導入ピーリング脂肪溶解注射サプリメント注射クリニック案内担当医紹介料金のご案内プライバシーポリシー

■ 医療法人 三島クリニック ■ 大阪市鶴見区横堤2−23−7 NYPビル4F/5F
Tel : 06-6913-3624  Fax : 06-6913-1024 e-mail:mail@mishima-clinic.jp
診療時間/9:00〜12:30・16:00〜19:00 休診日:日曜・祝日・木曜土曜の午後
  Copyright (c) Mishima Clinic.All Rights Reserved.